すし文化講座 寿司道 代表/講師 のSatomiです。

2024年4月1日に、和食文化学会の入会が正式に決定されました。

和食文化学会に希望した理由

様々な学会がある中で、和食文化学会を希望した一番の理由は、「和食を起点にグローバルな食の課題に取り組みます。」「グローバルな視野からの食文化の継承と発展を目指します。」と謳っていたことです。

もちろん、会長の「和食に限らず食文化の研究は、これまで学問として正面から取り上げられることが少なく…」というご挨拶文も後押しになっています。

私は「すし」に特化して研究してきましたが、「すし」だけの研究者を見つけることはできておりません。(食文化の研究者で「すし」を調べている方はいます。)

また、「すし」に関しては、すし好きが書いている本では、著者の主観で書かれており、「寿司屋側からするとそんなことないけど」と思うこともありますし、寿司職人は寿司職人目線で文献を出していますが、「すべての職人がその考えなわけではない」と思うこともあります。

私は、海外に行くようになって「すし」を見直すことができました。

そして、元々「世界で活躍する為には、日本の良さを活かしたグローバル対応が大切であること、そしてそれを日本人が教え、事前に対策するべきなのではないか」という想いがあったので、すし文化講座 寿司道を始めました。

「すし」を通して、様々な日本文化を学ぶ事ができます。

例えば、各魚に歴史があり、それには歴史的背景や当時の言葉も関わってくること、調味料の歴史も関わってくることなど、日本人の特徴も含めて、学ぶ事ができます。

研究大会に参加した際、ご挨拶した方は、ほとんどが大学教授でしたが、海外経験を含む、寿司屋の娘目線で、他の人にはできない研究をしていきたいと考えています。